大陸書館
大陸書館の単行本のご案内

大陸書館では下記の単行本を刊行しています。大陸書館では主に中国語文化圏を舞台とする探偵・冒険小説等を扱います。
大陸書館は捕物帳専門の個人事業の出版社「捕物出版」の別屋号です。

大陸書館の本のご案内
島田一男  島田一男大陸小説集
3 満月夫人   2022年5月10日
戦前・戦中期の十数年間を満洲日日新聞の記者として満州で過ごした著者の、満洲や中国を舞台にした作品群を全3巻に収録。
第3巻は多くの民族が住む満洲、中国を舞台とする作品集。
太陽の眼、満月夫人、鮮血の街、興安の女酋長、魚皮族の呪婆、狼頭歓喜仏、芍薬の墓、霧海の底、聖誕祭前夜、逃亡の歴史を収録。
        
島田一男  島田一男大陸小説集
2 幻の街   2022年4月10日
戦前・戦中期の十数年間を満洲日日新聞の記者として満州で過ごした著者の、満洲や中国を舞台にした作品群を全3巻に収録。
第2巻はロシヤ人が作った異国情緒あふれる街ハルビンが舞台の作品を中心にして、長編の「幻の街」と、「鍵穴の伯爵」、「カチェリーナ」、「お医者レンスキー」、「耳を切る男」、「万国寝台車」を短編5作を収録。
        
島田一男  島田一男大陸小説集
1 軍報道部   2022年3月10日
戦前・戦中期の十数年間を満洲日日新聞の記者として満州で過ごた著者の、満洲や中国を舞台にした作品群を全3巻に収録。
第1巻には満洲での記者体験を踏まえて昭和35年に発表した力作、「軍報道部」をはじめ、ペスト汚染地帯の恐怖を描く「黒い旋風」、他に「反満抗日軍」、「遁山部隊」、「満洲ひめゆり部隊」を収録する。
        
甲賀三郎  劉夫人の腕環
2022年2月10日
戦前期の代表的な探偵小説作家の一人として知られる甲賀三郎の、大陸を舞台とした探偵小説、冒険小説、防諜小説などを集めた1冊。秘密結社、スパイ、イカサマ師などが暗躍する国際色豊かな謀略の世界。
支那服の女、劉夫人の腕環、カシノの昂奮、不幸な宝石、血染のパイプ、イリナの幻影、特異体質、海からの使者、靴の紐の8編を収録。
        
永瀬三吾  売国奴
2021年12月10日
「宝石」誌の編集長も勤めた著者は、戦前・戦中期には中国の天津市で暮し、京津日日新聞社の社長兼編集長であった。
日本探偵作家クラブ賞を受賞した「売国奴」をはじめ、「発狂者」、「長城に殺される」、引上げ後の最初の小説「あざらし親子」、異色作の「人間丸太部隊」など、大陸関連作品を収録した作品集。
        
秋永芳郎  赤い夕陽の満州で
2021年9月10日
満州事変勃発前夜の満州は、地方軍閥や馬賊、匪賊の跋扈する地域であった。
日本人でありながら王旭光の中国人名を名乗り馬賊の頭目となった花巻亮介の、宿敵崔青郷との苦闘と活躍を描く冒険小説。実在の日本人馬賊王、小日向白朗氏の助力を得て執筆された馬賊物語。
三井永一画伯の装画、挿絵入りで復刊。
     
陳舜臣  玉嶺よ ふたたび
2021年6月10日
江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞の三冠に輝く著者の、日本推理作家協会賞受賞作の久々の復刊。
戦時中に江南の玉嶺の摩崖仏を調査した東洋美術史研究者の主人公が、文化大革命のさなか、25年ぶりに現地を訪れることにより、過去の謎が解き明かされる。ミステリーロマンの珠玉作。
     
林熊生(金関丈夫)  龍山寺の曹老人
2021年4月10日
本書は終戦直後の台北で3巻出版された「龍山寺の曹老人」を、復刻版などを元にして現代仮名遣いにあらため刊行するものである。
いつでも台北龍山寺の堂の片隅に悠然と坐っている曹老人、しかし曹老人には、ごく一部の人にだけ知られた隠れた才能があった。どこかとぼけた、ユーモラスな雰囲気が魅力的な短編7編を収録。
     
林熊生(金関丈夫)  船中の殺人
2021年2月10日
金関丈夫氏は、昭和10年代に台北帝国大学医学部解剖学教授を勤め、人類学、考古学、民俗学の研究を行う傍ら、探偵小説を執筆した。
本書は昭和18年に台北で出版された「船中の殺人」を、復刻版を元にして現代仮名遣いにあらためて刊行するものである。
内地と台湾・基隆を結ぶ内台連絡船内で起きた殺人事件の謎を追う台北南署の木暮刑事の名推理。他に短編「指紋」を併録。
        
魔子鬼一  牟家殺人事件
2021年1月10日
江戸川乱歩氏の推薦によって、新人の作品として「宝石」昭和25年4月号(岩谷書店)に一挙掲載された長編探偵小説。魔子鬼一氏の代表作でありながら、長らく著作権継承者が不明であったこともあり、著作権法に基づかずに出版されたアンソロジーがあっただけでした。ご遺族の所在が判明したため、発表から70年経て正規な形で発行される単行本となります。
        

©2020 大陸書館 mail@tairikushokan.com